施術について


施術において最も重要なことはまず何が原因になっているのかはっきりさせることです。

そして何をするかではなく原因に対して適切な施術を行うことです。

 

”検査無くして治療なし”

 

目的なく指圧、鍼をしていては治るものも治りません。そのようなことが起こらないためにも検査を行い原因を特定してから施術を開始します。

 

個人の病気の奥深さはそれぞれです。1回の施術で効果を実感できる方も多くいらっしゃいますが

勘違いしないで頂きたいのは治るのと楽になるのは違うということです。

 

医療機関を受診された方はどのような診断を受けたかを問診時にお話しください。

 

 

治療の流れ


1.問診

お身体の状態や病院への通院歴、今までにあったお身体の変化などを掘り下げて現在の症状と関連があるかを調べていきます。

 

2.検査

運動器疾患では徒手検査、自動運動でどこに、何が、どうして起きているのかを細かく調べます。

 

ほかの疾患では、正常なお身体と比較して何が異なるのかを姿勢や筋持久力、背骨の触診により明らかにしていきます。

 

3.説明

何故今のような症状が起きているのか、今の症状は体に何が起きているのか、治療の方針や予後について説明させて頂き、治療へ移ります。

 

4.施術

問診と検査で原因を特定し、根本的解決のために施術を行います。

指圧、鍼がメインとなります。

慰安的なマッサージ、ストレッチは行いませんのでご了承ください。

 

 

5.再検査

再検査をすることで重症度、今回の治療の効果を測定します。

通院計画の目安にもなる重要な過程です。

 

6.治療計画の確認

症状の重症度、急性か慢性かなどにより患者様お一人お一人に

最善と思われる治療計画、通院頻度などをお話しします。

 

*慢性的症状も急性の症状も、治療の初期にはなるべく間隔を空けず通院していただいております。

(特に急性のもの、慢性で重症と推測されるもの)

 

これには体自身の治癒力を最大限に引き出す目的と、痛みのせいで体に悪い癖がついて症状に悪影響を及ぼしたり体自身の治癒力を妨げてしまうのを防ぐ目的があります。

 

7.お疲れ様でした!

治療は以上で終了となります。

通院計画、生活指導を確認して気をつけてお帰り下さい。

 

 

対象疾患


 

  1. 身体の痛み全般(肩こり、腰痛、神経痛、関節痛、胃痛等)
  2.  不妊症
  3.  精神疾患(うつ、自閉症等)
  4.  交通事故によるむち打ち症、及びその後遺症(自賠責取扱い)
  5.  アレルギー、花粉症、ぜん息
  6.  在宅治療

 


自律神経症状

不眠症、起立性調節障害、更年期障害、不定愁訴などは自律神経による症状と言われますが、そもそも自律神経とは…


不妊症・不育症の治療

自然妊娠へのお手伝いから、人工授精のアシスト効果、また体外受精時における成功率向上に鍼灸は非常に効果が・・・



ぎっくり腰、腰痛

慢性腰痛、ぎっくり腰にも対応しています。

そもそもなぜぎっくり腰になってしまうのか…

肩こり

ただの肩こりだと思ってはいけません!

肩こりは原因ではなく、結果の一部で…