起立性調節障害の体験談(お母さま目線)


起立性調節障害本人談


起立性調節障害とは?


起立時にめまいや動悸や失神などが起きる自律神経の病気を

「起立性調節障害」といいます。

 

思春期の子どもに多く(小学校高学年〜中高生)

朝なかなか起きられないことから不登校につながると言われます。

不登校の7割が…


不登校の子どもの7割近くが起立性調節障害に悩まされているといわれています。

 

自分の意思ではどうにもならないため、写真に載せたように、子供がサボったり怠けたりしているのではないか?と誤解されやすい症状です。

お父さんお母さんが起立性調節障害への理解を深めて、お子様の症状の改善に取り組んでいくことが大切です。

 

症状チェックリスト

☑︎朝なかなか起きられない

☑︎立ち上がったときにめまいや失神が起こる

☑︎動悸がする

☑︎息切れがする

☑︎顔面蒼白

☑︎食欲不振

☑︎頭痛

☑︎腹痛

☑︎倦怠感

☑︎乗り物酔いのような症状

☑︎午前中に症状が強く午後に軽減or消失

 

共通点


1.自分の意思ではコントロールできない

2.午前中に症状が強く出て午後になると軽減or消失

 

自分でコントロールできない 

自律神経の症状が起立性調節障害の正体と言えます。

自律神経の問題だからこそ


自律神経に関するセルフケアはいくつもありますが

その人の状態が健康であろうとなかろうと

 

自律神経は生まれた瞬間から

常に身体を最善の状態にしようと働き続けています。

 

 

成長段階の子供達への施術に強烈な刺激は厳禁です。

無理にストレッチで伸ばしたり、背骨を捻ったりせず

 

身体のバランスと神経の働きを整えて

身体の自然治癒力で改善していくのが理想的です。